忍者ブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金に! ご利用前に情報チェック! 業者の自作自演ランキング・比較サイトにうんざりという方の為に。カード現金化の還元率から実績、体験談 口コミ、裏技、トラブルの実態、悪徳業者の裏情報までを徹底比較!
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • クレジットカードのショピング枠の現金化業者は、ネット上にたくさんありますが、
    現金化業者を悪質業者かどうか見分け方をまとめてみました。


    ・年利と換金率を比較して、利息が安いと宣伝している
    換金率80%でも手数料が1ヶ月で20%かかることになり、
    実質年利240%となり、ヤミ金なみです。

    ・古物商の認可を、現金化業者として認可されてるように表示している
    古物商の認可を”東京都認可”というような形で表記している業者は、
    まず問題ありと思って良いです。貸金業の免許番号を掲げているところは無いです、
    なぜなら前記のような金利では貸金業法違反です。

    ・ホームページのURLが、サブドメインを使っている
    ドメインには、独自ドメインとサブドメインの2種類があります。
    独自ドメインとは http://corp.com/ のようなオリジナルの短いドメインのことです。
    サブドメインとは http://genkinka.web.fc2.com/ のようなドメインのことです。
    上記はfc2は無料ブログのサブドメインです。

    しっかり商売をするのであれば、独自ドメインを取るのが普通です。

    ・「会社概要」住所の記述がない、または曖昧で会社の住所が番地までしか表示していない
    (例えば「東京都千代田区麹町一丁目」など、詳細なビル名など不明な場合)
    会社概要の表記がない業者もダメですが、会社概要が画像で表示されているところも要注意です。
    なぜなら画像というのは、テキストと違って検索エンジンが認識できないため、
    会社名を公にできない業者はそこを画像にするからです。これは、電話番号や住所も同様です。

    ・調子の謳い文句
    「毎月100名様に現金10万円をプレゼント」
    「創業10年周年記念特別キャンペーン」
    「換金率は驚きの99%」
    「リピーター率100%」

    上記のような記載がある業者は注意すべきです。


    専門業者を使わない現金化、裏技はこちら


    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ブラックでも可能な融資 クレジットカード、ローン HOME お金が借りられない時、をどう思いますか?
    Copyright © クレジットカード現金化の裏技情報 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]