忍者ブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金に! ご利用前に情報チェック! 業者の自作自演ランキング・比較サイトにうんざりという方の為に。カード現金化の還元率から実績、体験談 口コミ、裏技、トラブルの実態、悪徳業者の裏情報までを徹底比較!
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ここでは現金化をするにあたり、知っておくと得する還元率の仕組みについてご紹介しましょう。


    ここでいう還元率とはショッピング枠を現金化する際のキャッシュバック率を指します。

    クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまった方、
    もしくはカードにキャッシング枠が設けられていない方がいませんか?

    そのような方でもクレジットカードを現金に換えることが出来る方法があるのです。


    簡単に言えば、カードのショッピング枠を使って買い物をするだけのことなのですが、
    その商品をキャンセルすることで現金が手元に戻ってくる仕組みを上手く利用した方法です。


    どれほどの金額の商品を購入するかで還元率も違ってきます。

    この仕組みだけ聞くと、このような専門業者を通さなくても例えば国際線のビジネスクラスの航空券を買ってキャンセルしても、
    現金は戻ってくるのではとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

    しかし、これでは航空券の取り消し手数料が発生しますし、
    自分でキャンセル手続きをしなければならないのも面倒ですよね。

    しかし、専門業者を仲介することによりその煩わしさもなく、
    業者が提示する還元率も大損してしまうというほど低くはありません。


    還元率1%の違いは、100万円を現金化するときには1万円の差になるわけですから侮ってはいけません。

    しかし、残念な話ですが還元率が高い業者が良心的な業者というわけではありませんので、
    業者を選ぶときにはしっかり下調べをすることをお勧めします。

    一般的に「還元率90%!」と記載している現金化即日業者サイトは怪しいといわれています。
    後から手数料だの送料だのと細かな請求をしてくるケースが後を絶たないそうです。

    拍手[1回]

    PR
    クレジット会社や加盟店でつくる業界団体「日本クレジット協会」によると、
    クレジットカード現金化業者が5年ほど前から再び目立ち始めた。
    ヤミ金融に対する摘発や規制が強化されたころで、
    最近は、景気悪化や法改正を背景にして金融業者が審査を厳しくした結果、
    金策に困って手を出す客も目立つという。

    クレジットカード現金化の主流は、実際には値段のつかないような価値の低い商品に高値をつけ、
    客にカードで購入させ、「キャッシュバック」名目で価格の8割前後を客に渡す商法だ。

    ある業者は、インターネットのホームページで
    「キャッシュバックは正当な商取引」「家電最販店のポイント還元と同類で合法」とうたう。
    古物営業の許可があれば摘発が難しいことから、「公安委員会許可」を強調する業者もいる。

    規制はできないのか?

    クレジット契約の規則を定める割賦販売法を所管する経済産業省は
    「客は不利な返済になると知った上で自ら取引しており、難しい」
    貸金業法の金融庁も
    「商品売買があり、ヤミ金と即断できない限り違法とは言い切れない」。

    そもそも、カード各社は現金化目的のカード利用を余員規約で禁じている。
    利用者が返済できずに貸し倒れになった場合、自らの損失になるからだ。
    違反すれば、利用停止や脱退処分になる。
    だが、協会担当者は「実際には、正規のカード利用と見分けるのは難しい」と話している。 
    [朝日新聞より]

    自分自身でで、商品券や新幹線回数券をクレジットカードで買い、
    金券ショップなどで95%くらいの換金率で現金化することができます。
    しかし、カード会社は換金性の高い商品購入に対してかなり厳しくチェックして監視しています。
    そのため、カード会社に現金化が発覚し、カード利用停止・カード召し上げされてしまう危険性・リスクは日々高くなっています。

    その危険性・リスクを考えると、換金率が80%と低いですがクレジットカード現金化業者を利用すればカード会社にはばれずにカード利用停止・カード召し上げされてしまう危険性・リスクを抑えることができます。

    拍手[0回]


    ◇適正なキャッシュバック率
    キャッシュバック率(換金率)は高い方がいいですが、あまりに高いところは
    何かしらの理由があると考えて避けるべきです。

    多くの現金化サービス会社は85%前後です。仕組み上97%以上はありえません。
    なぜかと言えば、クレジットカード会社に支払う手数料は安くても3%だからです。

    還元率が、98.5%や99%ですと、現金化サービス会社が
    クレジットカード会社に支払う手数料だけで赤字になってしまうからです。

    ですので、これ以上の数字を提示している会社は、よく分からない手数料を引かれる、
    闇金融へ流されるなど、悪徳業者に当たる可能性もでてくるので注意しましょう。


    当然、現金化サービス会社も利益がなければなりたたないビジネスですし、
    競争相手もいるので各会社によって還元率は変わってきます。
    利用する側とすれば当然多くの現金が手に入るほうが良いのですが、
    キャッシュバック率の高さだけで選んでしまうと危険です。

    優良な会社はキャッシュバック率が、75%から85%前後の会社とまずは考えてください。
    現金化サービス会社で60%以下の率の会社は、単純に利益ばかり考えている
    目に見える不誠実な会社なので注意しなければなりません。

    少々怪しいと考えご注意した方が良いかと思います。
    それでも、特別なキャンペーン時や詳細条件などしっかり明記してあるようなら
    問題なく利用してもよい現金化サービス会社もあります。

    クレジットカード現金化サービスに限ったことではありませんが、
    良いサービスには適切な価格があります。
    キャッシュバック率にはくれぐれもご注意して下さい。

    現金を振り込まない現金化サービス会社や還元率に満たない金額しか振り込まない会社も
    少なからず存在します。老舗店・店舗有など優良・安心できるお店選びが大切です。


    ◇振り込み金額の明記
    ほとんどの場合は、クレジットカード決済が終わったのを確認してからお金が振り込まれます。
    しかし振り込まれた金額が予定より少なかったとしたらどうでしょうか?

    クレジットカード会社に返済する金額は変わらないのに、受け取った金額だけが違います。
    よくあるのが手数料として引かれる場合です。

    サイトに記載されている情報だけでなく、
    実際にいくら振り込まれるのか金額を必ず確認しましょう。


    ◇買取は避ける
     クレジットカードの現金化には、
     "商品を買い取るタイプ"と"キャッシュバック"のタイプがあります。

     提示金額と支払い金額が違うのは、買取タイプの方に多く見られます。
     買取の場合は商品に問題があるとして安くされる事がよくあります。

     80%を提示していたのに、指定された商品を持っていったら
     50%や30%でしか買い取ってくれなかったなどです。

     もちろんそんな会社ばかりではありませんが、キャッシュバックの方が危険性は低いといえます。
     キャッシュバックだからといって安心という訳ではないので、しっかりとした確認は必要です。
     商品を買い取るタイプの申し込みは必ずやめることを推奨します。

    拍手[0回]

    ここでは現金化をするにあたり、知っておくと得する還元率の仕組みについてご紹介しましょう。


    ここでいう還元率とはショッピング枠を現金化する際のキャッシュバック率を指します。

    クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまった方、
    もしくはカードにキャッシング枠が設けられていない方がいませんか?

    そのような方でもクレジットカードを現金に換えることが出来る方法があるのです。


    簡単に言えば、カードのショッピング枠を使って買い物をするだけのことなのですが、
    その商品をキャンセルすることで現金が手元に戻ってくる仕組みを上手く利用した方法です。


    どれほどの金額の商品を購入するかで還元率も違ってきます。

    この仕組みだけ聞くと、このような専門業者を通さなくても例えば国際線のビジネスクラスの航空券を買ってキャンセルしても、
    現金は戻ってくるのではとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

    しかし、これでは航空券の取り消し手数料が発生しますし、
    自分でキャンセル手続きをしなければならないのも面倒ですよね。

    しかし、専門業者を仲介することによりその煩わしさもなく、
    業者が提示する還元率も大損してしまうというほど低くはありません。


    還元率1%の違いは、100万円を現金化するときには1万円の差になるわけですから侮ってはいけません。

    しかし、残念な話ですが還元率が高い業者が良心的な業者というわけではありませんので、
    業者を選ぶときにはしっかり下調べをすることをお勧めします。

    一般的に「還元率90%!」と記載している現金化即日業者サイトは怪しいといわれています。
    後から手数料だの送料だのと細かな請求をしてくるケースが後を絶たないそうです。

    拍手[0回]

    ◇適正なキャッシュバック率
    キャッシュバック率(換金率)は高い方がいいですが、あまりに高いところは
    何かしらの理由があると考えて避けるべきです。

    多くの現金化サービス会社は85%前後です。仕組み上97%以上はありえません。
    なぜかと言えば、クレジットカード会社に支払う手数料は安くても3%だからです。

    還元率が、98.5%や99%ですと、現金化サービス会社が
    クレジットカード会社に支払う手数料だけで赤字になってしまうからです。

    ですので、これ以上の数字を提示している会社は、よく分からない手数料を引かれる、
    闇金融へ流されるなど、悪徳業者に当たる可能性もでてくるので注意しましょう。


    当然、現金化サービス会社も利益がなければなりたたないビジネスですし、
    競争相手もいるので各会社によって還元率は変わってきます。
    利用する側とすれば当然多くの現金が手に入るほうが良いのですが、
    キャッシュバック率の高さだけで選んでしまうと危険です。

    優良な会社はキャッシュバック率が、75%から85%前後の会社とまずは考えてください。
    現金化サービス会社で60%以下の率の会社は、単純に利益ばかり考えている
    目に見える不誠実な会社なので注意しなければなりません。

    少々怪しいと考えご注意した方が良いかと思います。
    それでも、特別なキャンペーン時や詳細条件などしっかり明記してあるようなら
    問題なく利用してもよい現金化サービス会社もあります。

    クレジットカード現金化サービスに限ったことではありませんが、
    良いサービスには適切な価格があります。
    キャッシュバック率にはくれぐれもご注意して下さい。

    現金を振り込まない現金化サービス会社や還元率に満たない金額しか振り込まない会社も
    少なからず存在します。老舗店・店舗有など優良・安心できるお店選びが大切です。


    ◇振り込み金額の明記
    ほとんどの場合は、クレジットカード決済が終わったのを確認してからお金が振り込まれます。
    しかし振り込まれた金額が予定より少なかったとしたらどうでしょうか?

    クレジットカード会社に返済する金額は変わらないのに、受け取った金額だけが違います。
    よくあるのが手数料として引かれる場合です。

    サイトに記載されている情報だけでなく、
    実際にいくら振り込まれるのか金額を必ず確認しましょう。


    ◇買取は避ける
     クレジットカードの現金化には、
     "商品を買い取るタイプ"と"キャッシュバック"のタイプがあります。

     提示金額と支払い金額が違うのは、買取タイプの方に多く見られます。
     買取の場合は商品に問題があるとして安くされる事がよくあります。

     80%を提示していたのに、指定された商品を持っていったら
     50%や30%でしか買い取ってくれなかったなどです。

     もちろんそんな会社ばかりではありませんが、キャッシュバックの方が危険性は低いといえます。
     キャッシュバックだからといって安心という訳ではないので、しっかりとした確認は必要です。
     商品を買い取るタイプの申し込みは必ずやめることを推奨します。

    拍手[0回]

    HOME 次のページ
    Copyright © クレジットカード現金化の裏技情報 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]