忍者ブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金に! ご利用前に情報チェック! 業者の自作自演ランキング・比較サイトにうんざりという方の為に。カード現金化の還元率から実績、体験談 口コミ、裏技、トラブルの実態、悪徳業者の裏情報までを徹底比較!
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 改正貸金業法により最近ますます、クレジットカード会社が与信を厳しくする傾向にあるようです。

    背景として以前は、キャッシング金利が高かったためにある程度の自己破産や踏み倒しがあったとしてもクレジットカード会社は利益を得ることができていたのですが、上限金利引き下げによりちょっとした貸し倒れでもクレジットカード会社の経営を圧迫するようになってしまった為のようです。

    そのため、クレジットカード会社はいわば信用力の低い人に対するクレジットカードの発行に対して、益々「臆病」になったと言えそうです。

    その流れは既存会員に対する与信にも:

    「私は新しくクレジットカードを作らないから大丈夫!」

    と思っている方はちょっと注意。
    与信審査基準の厳格化は新規会員だけに対してのみでなく、既存会員に対しても同様だからです。

    昨年9~10月頃にとある複数社で会員の中で信用力が低いと判断した会員に対して、一斉にクレジットカードの契約更新不可にしてしまったという現象がありました。
    そのクレジットカード会社だけに限らず、全体的に「信用力が低い会員」に対して、今後、途上与信と呼ばれる既存会員に対する信用調査が厳しくなることが容易に想定されるます。

    以前であれば一度くらいのカード利用代金の支払いが少し遅れても許されていたものが、もしかするとこれからはたった1度であったとしても重大な落ち度として扱われることになる可能性もあるということです。
    今後 、銀行口座引き落とし日には残高を確実にチェックするように心がた方がよさそうです。


    専門業者を使わない現金化、裏技はこちら


    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    どこのカードがトクか?最新事情。 HOME カード現金化業者のネット広告撤廃へ 警視庁
    Copyright © クレジットカード現金化の裏技情報 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]